ドリームキッズの保育方針

保育理念

健やかに伸びやかに育つ子ども

人は、生まれながらにして響きあい、かかわりあう力を持っています。身近な大人によって生命を守られ、愛情に満ちた心あたたまるふれあいを通して、子どもはやがてやさしさと自己を確立していきます。

子どもは一人ひとり育つ豊かな可能性も持って生まれてきています。その育ちのスピードは一人ひとり皆違います。私たちは、子どもは「必ず育つ」という信念を持って保育して参ります。

乳幼児の育ちを考える時、どんな大人になってほしいのかということをしっかりと見据えて保育しなければならないと考えます。将来自分で考え、自分で決断して、行動できる、そして自分で責任を持つことができる大人になってほしいと願います。

温かい居心地の良い環境の中で、一人ひとりの子どもの気持ちをしっかり受け止め、子どもが自己を十分に発揮しながら主体的に遊び、生活できる保育園でありたいと思います。

 

保育目標

心も体も健康な子ども

思いやりのある子ども

友達とよく遊ぶ子ども

自分の気持ちや考えを表現し行動する子ども

 

保育方針

★ 安全を第一に、一人ひとりの子どもの個性と発達を見守りながら、子どもが安心して生活できる環境を用意します。

★ 自分も他人も大切にする心、感謝の気持ちを育みます。

★ 仲間や集団、社会へ溶け込むことができるコミュニケーション能力を育みます。

★ 自分の意志で選択し、決定し、行動する力を育みます。

★ 家庭や地域社会と連携し、子どもを真ん中に共に育て育ち合える保育園であり続けます。

 

家庭との連絡・連携について

児童の豊かな成長をご家族の方と一緒になって見守り、また、助けてゆけるような保育を行うため、毎日の連絡帳や登園・降園時に保護者とのコミュニケーションを持つ事により情報交換をいたします。(ドリームキッズでは、保護者の皆様とのコミュニケーションも大切にしたいと考えています)
また、年一回、園と保護者との個人面談実施により、児童一人ひとりについて情報交換を行い、以降の保育に役立てます。